主婦薬剤師の方にも人気の仕事です!

薬剤師の在宅勤務

薬剤師の在宅勤務

かなり少ない働き方ではありますが、薬剤師として在宅勤務するという方法があります。 仕事の内容としては、DI業務に近いと言えるでしょう。

DI業務とは、医薬品に関する情報と適宜収集、整理、管理し、必要に応じて医療機関や自社の得意先に発信する仕事です。

常に最新の情報に精通している必要があり、また製薬会社などのDI業務を担う場合には、自社製品に対する知識が必要になります。 時には、自社製品の売り上げをあげるような情報を提供する場合もあるのです。

こういった仕事内容となるので、基本的にはパソコンとインターネット環境があれば在宅勤務も不可能ではありません。在宅で、電話やメールなどを使って、医療機関や得意先、消費者からの問い合わせに対応するのです。

働く側のメリットとしては、やはり通勤や時間の拘束に多大な労力をかけずに仕事に集中できるということでしょう。

在宅勤務であれば身体などに多少不安な点があっても、働けるという人もいると思います。在宅勤務のメリットは企業側にもあるのです。

薬剤師アルバイトは女性の割合が多い職業でもありますが、結婚や出産、子育てを機に現場から離れる人も少なくありません。

復職したいと思っていても、子育てや家庭との両立を考えてフルタイムでは難しいと考えている人もいます。

そういったニーズに応える形で企業も人材を確保し、在宅でできる内容は在宅勤務で、できないものは現場で、とすることで現場の仕事能率をあげるという狙いもあるのです。 まだまだ少ない働き方ではあると思いますが、今後広がっていく可能性は大いにあります。

また、薬剤師としてフリーランスで活躍したい、オリジナルの働き方を構築したいという人にももってこいの働き方です。

語学能力も合わせて持っていれば、海外の医薬品に関する情報を翻訳したり、文章能力に長けていれば医療、医薬品に関するライター業務を兼務したりといったこともできます。

さらにはIT技術を駆使して、医薬品情報システム開発などに携わることもできるのです。 将来的に活躍の幅が広がっていきそうですね。

↑ PAGE TOP