治験コーディネーターの仕事や給料は?

治験コーディネーターとして働く

治験コーディネーターとして働く

薬剤師が活躍できる職種として、近年注目を集めているもののひとつが、治験コーディネーターです。

治験コーディネーターとは、医薬品開発の最終段階である治験において、その作業がスムーズにいくように取りまとめる仕事です。

医薬品はこの治験を経て、世の中にでていくわけですから、製薬企業にとっても、また新薬を待ちわびている患者さんにとっても非常に大切な過程です。

ここでの成果が医薬品として認められるか否かにかかっており、人にとっても薬の効果はもちろんのこと、副作用などその安全性も確かめられるまさに最終段階です。

治験には、製薬会社をはじめ、研究機関、医療機関や医師、治験に協力する被験者など多くの人が関わります。

これらの多くの関係者の間で、治験のデータ収集や管理、資料作成はもちろんのこと、治験日程の調整や関係調整をはかるのが治験コーディネーターの仕事です。

特に、治験に協力する被験者は基本的には一般の方などで、身体的、精神的、金銭的なケアが必要となります。

治験はあくまで医薬品開発の最終段階で、それまで長い時間とたくさんの研究を重ねて行われますから、大きな危険は伴いません。

とはいえ、まだ誰も試したことのない薬剤ですから、若干の不安はありますし、イレギュラーだって起こる可能性はあります。

そういった対応力や被験者へのケアがとても大きな任務ともいえるでしょう。 治験現場への同席や内容の説明、服薬指導などは、特に薬剤師アルバイトとしての力が大きく発揮される時です。

近年、政府は新薬の開発に力を入れておりそういったことも治験コーディネーターのニーズも高めています。

また、治験コーディネーターを目指す側としても、薬剤の開発と現場の両方を知ることができるといった理由から人気が高まっています。

仕事の内容としても、研究職に近い面もありながら、人と直接関われる場、コミュニケーション能力が磨かれる場としても、魅力的なようです。

ただし、治験コーディネーターの求人は、広くは出にくいので、薬剤師専用の就職、転職サイトなどで探すのがよいでしょう。

↑ PAGE TOP