バイト薬剤師に人気なのがドラッグストア

薬剤師の時給の相場

薬剤師の時給の相場

薬剤師アルバイトの時給は、そのほかの職種と比較しても比較的高いといわれています。薬剤師が不足している地域か、足りている地域か、大手企業のチェーン薬局かそうでないかなどによって異なりますが、だいたい相場は時給2,000~3,000円くらいです。

コンビニのアルバイトなど、一般的なアルバイトが1,000円前後と考えると、2~3倍の時給です。

これは薬剤師という仕事が国家資格であり、専門的な知識、技術を必要とするものであるからということにほかなりません。

しかも今は、薬剤師になるためには専門の大学に6年も通わなくてはならないので、これはある意味当然のことともいえます。

特に薬剤師の時給が高いといわれるのは、ドラッグストアです。 地方のチェーンドラッグストアでは、常に求人が出ているのではないかというくらい、未だに薬剤師が求められています。

現在は登録販売者という資格を持っていれば、一般用医薬品を取り扱えるようになりましたが、第一種など特定の医薬品の取り扱いや調剤業務はやはり薬剤師でなければできません。 そのため、ドラッグストアでは、薬剤師のアルバイトは比較的高時給となっています。

薬剤師の資格を持っていればできるので、たとえば薬剤師の資格取得後さらに大学院に進学している学生や、結婚、出産を機に一度退職した方などに人気の仕事です。

フルタイムでの就業が難しい事情があっても、高時給となるので、アルバイトとしては非常に働きやすいでしょう。

ドラッグストアでアルバイトをするときの注意点としては、就業日数、就業時間の規定です。 「週に○日以上」「週に○○時間以内」「○時~○時」といった決まりが大抵設けられています。

家事や学業とのバランスを考えてあまりたくさん働けないといった場合、逆にたくさん働きたいといった場合、問題がないかあらかじめ確認しておきましょう。

そのためにも、自分がどういったスタイルで働きたいのか、具体的にどのくらい収入がほしいのかを明確にしておく必要があります。

最近では深夜まで営業しているドラッグストアも多いので、そういった面までチェックを忘れないようにすることが大切です。

↑ PAGE TOP