管理薬剤師に与えられる使命とは?

管理薬剤師とはどんな仕事?

管理薬剤師とはどんな仕事?

薬剤師資格を持つ方にとって、管理薬剤師は将来を考える上で外すことができない職種だと言えるでしょう。 管理薬剤師は、医薬品や従業員を管理・監督する責務を持った役職を担う薬剤師を指します。

また、患者さんが医薬品を正しく使用できるよう必要な情報を提供する役割を持ち、他の薬剤師も同様の情報提供が行えるよう指導する立場にもあります。

医薬品を取り扱う店舗や工場などでは、薬事法によって管理薬剤師の配置が義務づけられており、配置先の事業形態によって役割が細分化されているという特性があります。では、実際に管理薬剤師が行っている業務内容についてみていきましょう。

具体例として分かりやすいのが、ドラッグストアの管理薬剤師の業務です。ドラッグストアの薬剤師は、一店舗につき一人入りされ、開店から閉店まで常駐し、

・薬の取り扱いから従業員の監督
・シフト管理、在庫管理
・売れ筋商品の見極めや確保
・POP作成

など、非常に多種多様な業務を行います。店長を兼ねることが多いのも、ドラッグストアの管理薬剤師の特徴ですね。

続いて調剤薬局の管理薬剤師の業務です。調剤薬局の場合、各薬局の薬局長が店舗責任者となりますが、管理薬剤師が薬局長を兼任しているケースが殆どです。

同じ職場で働く薬剤師アルバイトと同様の業務をこなしながら、薬局長・管理薬剤師としての業務・職務も任せられるため、薬学・調剤のみならず、薬事法や事務処理など、幅広い知識と経験が求められます。

管理薬剤師となると、役職手当が付くため、一般の薬剤師よりも年収が高くなることが期待できます。

勤務先によって手当額は異なりますが、相場としては年収ベースで100~200万円程度アップすると言われています。

薬剤師として働いていく上で、給与アップやキャリアアップを希望する方、今以上に遣り甲斐と責任のある仕事をしたいと考えている方は、管理薬剤師という働き方を検討するのも良いでしょう。

管理薬剤師は、一般的に3年以上の実務経験が求められるケースが目立ちますが、新卒や第二新卒、在庫管理や薬事法関連業務未経験者でも応募可能な案件もあります。

管理薬剤師を目指す方は、求人サイトや転職サイトで管理薬剤師の案件を検索してみることをおすすめします。

↑ PAGE TOP