人間関係の悩みを解消するためには?

人間関係で悩みを抱えている薬剤師の方

人間関係で悩みを抱えている薬剤師の方

薬剤師の転職理由も他の職業と同様に人間関係という理由が多くあります。そういった方が転職を考えた時に次の職場で望むものは年収やボーナスなどの待遇面よりも職場での人間関係を重要視します。 どうせなら、ストレスなく良い同僚と働きたいという気持ちは誰にでもあるはずです。

薬局などは狭いエリアでしかも少ない人数で行っているため、一度人間関係が悪化してしまうととても居づらい環境へ変わってしまいます。こういった人間関係で悩む薬剤師の方で具体的な理由は複数挙げられます。

例えば、忙しい職場で上司にあまり相談する時間がなく、常に緊張感がありピリピリしている、上司や同僚に自分の意見や悩みの相談が出来ない、勤務体系や仕事分担などでうまくいっていない、パートの薬剤師の方の場合は勤務時間が自分だけ短く疎外感があったり、先に帰りづらいなどの理由が挙げられます。

ここで挙げたのはごく一部で実際の現場はもっと深い悩みや不安を抱えている方が多くいるかもしれません。

ただし、気に入らないからといってすぐに転職を繰り返してしまうとのちのちに新しい職場を見つけにくくなってしまいます。採用試験のときにこの人は長く1つの職場で働くことができない人というレッテルを貼られてしまいます。

まずは人間関係ですぐに辞めてしまうという判断をする前に相談できる人が1人でもいればその人に相談して職場環境の改善に助けを求めて行くのも一つの手段です。

ちょっと大きめの病院であれば配置部署の変更や異動等が受け入れてくれるケースもあります。

もしそうなれば新しい仕事場では働きやすい環境かもしれません。 そうすれば転職を繰り返す必要がなくなってきます。 もしそれでもどうしても、改善が難しいようであれば転職という考えも良いかと思います。

転職の際は応募先をあらかじめじっくり調べ、場合によっては職場見学も可能なところがあるのでそういったところで働いている人の様子や雰囲気を確かめてみるのも良いでしょう。

↑ PAGE TOP