円満退社を実現するための大事なポイント

薬剤師の退職について

薬剤師の退職について

薬剤師の仕事をしていて、永続的に一つの職場で働き続けるということもなくはないですが、仕事環境の変化や年収の増加を考えて転職する人もとても多いです。

そうなると、現在働いている職場を辞めるというケースが自ずと出てきます。もちろん退職にあたっては、円満に退職するのが理想です。

またそのように円滑に辞めることによって、これまでの繋がりなども継続することがてきたりします。

どの仕事でもそうですが、退職の話を相談するというのはとても心苦しいことです。特に円滑に業務が進んでいる場合などは上司としては引き止めることが多いです。

そういった場合は自分の気持ちをはっきりとさせておくことが重要です。もしそういう話を切り出して引止めに合い、自分の気持ちが揺らぐようだったらまだ退職しない方が良いかもしれません。

しっかりと自分の将来を見据えてやりたいことを目指す上で退職は致し方ないと考えるのならはっきりと伝えるべきです。

もし話がなかなか進まなかったり、退職の話を持ちかける度に引き止めたりされるようだったら、自分がなぜ退職したいのかをハッキリ伝え、意志が変わることのないことをわかってもらい転職の準備を進めることが大切です。

仮に説得されて一度残留しても心の中のもやもやは消えませんし、職場の方もいつまた退職願を出すのかと心の中では思っているはずです。

そういった状況になるぐらいだったらきっぱりとやめて新たな道を進むべきでしょう。 退職したいという思いがあるのに続けるのは双方にとって良い状況ではありません。

冷たい言い方をするならば、会社のためではなく自分のためということを第一に考えて行動した方が良いでしょう。

年齢によっては転職が難しくなってきます。決断は早い方が良いです。具体的な退職時期としてはできるだけ早いほうが良いですが、最低1ヶ月前には報告するようにしましょう。会社にも引継ぎ等の時間が必要なので急に辞めたりはしないようにしましょう。

↑ PAGE TOP