漢方薬剤師の気になる業務内容とは?

漢方薬剤師の業務内容について

漢方薬剤師の業務内容について

薬剤師の仕事は、西洋医学が基本となっており、調剤、服薬指導をはじめ、医薬品の整理や薬事衛生などを行います。

しかし、アルバイト薬剤師の活躍の場は西洋医学だけではありません。東洋医学が基本となっている、漢方薬剤師として活躍する道もあるのです。

あまり聞き慣れない名前だといえますが、予防医学が重要とされてきた今、注目を集め始めているといって良いでしょう。

そもそも、漢方薬剤師になるためには、(財)日本薬剤師研修センターもしくは、日本生薬学会が行っている研修に参加しなければなりません。その上で、認定試験に合格し、漢方薬や生薬のスペシャリストとならなければいけないのです。

また、漢方薬剤師になった後も、3年ごとに更新があり、常に新しい情報を提供していく必要があるため、学び続けていく必要があるでしょう。

一般的な薬剤師であれば、ある症状に対して、効果が期待できる薬剤に詳しいというだけで十分ですが、漢方薬剤師の場合はそうはいきません。

病を予防したり、何らかの対策をしなければ病気になってしまう、未病と呼ばれる状態を改善するために、適切な漢方や生薬を提供することも仕事の中の1つなのです。

また、漢方や生薬の場合、病を治すだけではなく、人間が本来持っている自然治癒力を高める働きがあるといわれています。ですから、西洋医学で使用している薬剤とは、全く違った知識や考え方が必要となってくるといえるでしょう。

それだけではありません。漢方や生薬の歴史は古く、種類が多岐に亘るため、膨大な情報をしっかりと理解する必要も出てきます。

もちろん、漢方や生薬同士の組み合わせ方もかなりの数がありますので、その全てを十分把握した上で、適切な治療薬を患者に提供しなければならないでしょう。

このようにみていくと、非常に大変な仕事のように見えてしまいますが、漢方薬剤師の中には、ヒーリングやサロンと組み合わせながら仕事をしている人も少しずつ増えてきています。

つまり、それだけ多方面で潜在的な需要があるということでもありますので、ニーズを確認しつつ漢方薬剤師を目指してみるというのも一考かもしれません。

↑ PAGE TOP