ドラッグストア薬剤師の魅力とは?

ドラッグストアで働く薬剤師

ドラッグストアで働く薬剤師

最近薬剤師アルバイトの求人の中でも、増えているのがドラッグストアの求人です。 最近の大型ドラッグストア、チェーンのドラッグストアは医薬品はもちろんのこと、日用品や雑貨、食料品まで多種多様な品揃えで人気を博しています。

大型化、チェーン化に伴って価格競争も激しくなり、その安さから地域にすっかり溶け込んでいる印象です。

日用品や食料品を取り扱うといっても、やはり本業はドラッグストアですから、医薬品の充実は欠かせません。そして、医薬品を扱うとなると、薬剤師の存在が必然となるのです。

近年、薬事法や関連する法律の改正が相次ぎ、登録販売者という薬剤師以外でも医薬品を取り扱える資格が普及してきました。

しかし登録販売者が取り扱えるのは一般用医薬品のみ、さらにその中の第二類医薬品(指定第二類含む)と第三類医薬品のみとなります。

たとえば多くの人が必要とする、解熱鎮痛剤や抗アレルギー薬、湿布剤などには第一類医薬品が多いため、薬剤師はいなくてはならないのです。

また、一般用医薬品の販売は、患者さんの症状や悩み、希望を聞いてそれに沿った医薬品を紹介、提供するのが仕事になります。

自分の勧めた薬によって、患者さんに喜ばれ、次回の来店などでそれを直接知るチャンスもあるわけです。非常に責任があると同時に、やりがいも感じられる仕事でしょう。

ドラッグストアは地方や郊外での出店が相次いでおり、それに伴って薬剤師の需要が高まっています。

ドラッグストアによっては、一般用医薬品だけでなく、処方箋を受け付けているところもあるので、医療用医薬品の知識や技術も持ち合わせていなければなりません。

調剤薬局と比べると、接客業の側面が大きく、また商品の陳列やポップの作成、店舗運営など多くの業務に従事することになります。

コミュニケーション能力はもちろんのこと、経営や市場の仕組みなど色々なことが学べるチャンスともいえるでしょう。またドラッグストアは全国にあるので、希望の勤務地やその近くで働ける可能性も高いですよ。

↑ PAGE TOP